こだわり





あらゆる素材の塑性加工に挑戦!



株式会社飯島精機は、長野県南アルプスの麓のすばらしい自然環境のもとに生産拠点を築き、
従業員一人一人が自然に育まれた豊かな心と、自然の厳しさに耐え抜く忍耐力を備えて企業活動を通じ、
社会に貢献できるものづくりと、研究開発を通じた技術革新に日々努力をし、成長し続けております。

 弊社の活動の基本は、長年培ってきた「超精密金型技術」と「精密プレス加工技術」であり、
社会のニーズに素早く対応し、創造性を持った発想で、
社会に貢献できる製品を提供することが、私どもの役割であると思っております。

 近年ではモータの効率と、センシング技術の向上のため、
いままで培ってきた「精密せん断技術」と「精密接合技術」を活かし、
社会の発展に貢献する事こそが私どもの使命と思っております。 

 関係する皆様方のより温かいご支援とご厚情をお願い申し上げるとともに、
今後より一層のつながりを築けますよう、お願い申し上げます。







大学の最先端科学を民間の革新技術で世界につなぐ



日本発の最先端材料科学の研究を事業化につなげる為には、
開発材料のポテンシャルを最大限に引出すこと。

その応用分野が拡大され世界中に販売する為に、
大学やベンチャー企業の最先端科学を民間企業の革新的技術との融合をお手伝いすることは、
日本の国際競争力の強化に繋がると考えます。

飯島精機は新素材開発サポートの実績を生かして、
最先端材料科学の研究と事業化を加速させるお手伝いを行っています。











チャレンジと研究



飯島精機では、モータの効率と、センシング技術の向上のため、
いままで培ってきた「精密せん断技術」と「精密接合技術」を活かし、
社会貢献を使命とする事で様々なチャレンジや研究を続けております。

 しかしながら課題も多くあり、ものづくりを業務の中心としており、
知識や見分も浅く、思うようにチャレンジが進んでいないのが実情です。

 現在取り組んでいる課題を当社なりに整理しますと

①情報、知識不足。 ②新素材の加工実績不足によるデータ未整備。 ③正しい検証能力不足。

といった開発資金、設備不足があるのではと思っております。

反面、新技術への探求心、即座に製作する挑戦意欲、
社会の発展に役立ちたいという使命感は僭越ながら強みであると自負しています。

この度、飯島精機に興味を持っていただくことで、
上手く弊社を活用していただける「 つながり 」が生まれることになれば本望でございます。

人と技術をつなぐ 飯島精機はそのような企業をめざしております。
今後皆様とご交流が出来ます事を期待しています。








ネットワークを駆使した総合的な技術提案を実現



モータ開発、樹脂成型、特殊表面処理、システムエンジニアなど
長野県南部地域特有の優良ニッチトップ企業同士の連携がさらなる技術提案を可能にします。